FAQ

Q. ファスティング中に排便がない場合は、どのように対処したらよいですか?

普段から排便が少ない方は、準備期に亜麻仁油やマグネシウム、マナ酵素を積極的にとるとよいでしょう。どうしても排便がない場合は、まずは1日間のファスティングからはじめカラダを慣らしていくことをおすすめします。

Q. 生理中でもファスティングをすることはできますか?

可能ですが、おすすめしません。生理中は、ホルモンバランスの崩れやカラダの弱い部分に痛みが生じます。ファスティングを行うと症状を助長し、強く出てしまうことがあります。また、女性ホルモンの多くをつくる脂肪の入れ替わりが起き、生理不順を起こす場合もあります。しかし、症状は長くても3ヶ月ほどで治まりますので、ご安心ください。

Q. ファスティング中に倦怠感や頭痛が起きるのは、なぜですか?

「低ナトリウム状態」になることで症状が起こります。特に、普段から食生活が乱れている方に起こりやすいとされています。症状がつらい場合は、マナ酵素を多めにとったり、多少の塩分をとったりすることで対処することが可能です。

Q. ファスティング中に気持ち悪くなることはありますか?

ファスティング中は胃酸の分泌により、吐き気をもよおす場合があります。カラダを落ち着かせることで治まりますが、症状が続く場合はファスティングを中止してください。再開する際は1日間のファスティングからはじめ、カラダを慣らしていきましょう。

Q. ファスティングを行うと、胸が小さくなるというのは本当ですか?

ファスティング中はカラダを休めているため、筋肉量が低下し、胸が小さくなる可能性があります。気になる方はファスティングに備え、普段からその部分をトレーニングしておきましょう。

Q. ファスティング中、吹き出物やロ内炎ができるのですが大丈夫でしょうか?

その反応はデトックスが進んでいる表れであり、カラダの状態がよくなる予兆でもあります。この反応を「好転反応」と呼び、以下の理由で起きます。
1.細胞の入れ替わりが活発になることによって、壊れた細胞の物質(老廃物)が大量に血中へと流れ込んだため
2.細胞が新陳代謝する過程にて炎症が起きたため
どうしても症状が気になる方は一度ファスティングをブレイクして、半断食からカラダを慣らしていきましょう。

Q. ファスティング後は、どれくらいの間隔をあけたらよいですか?

ファスティング後は、定着期として1ヶ月ほどの間隔をあけるとよいでしょう。

Q. ファスティング中は仕事をしてもよいのでしょうか?

はい、大丈夫です。しかし、初回のファスティングは誰でも不安であり、また仕事に支障をきたす恐れもあるため、はじめての方は休日に挑戦していただくことをおすすめしております。
2回目以降、ファスティングに慣れてきた方は仕事をしながら挑戦していただけます。デスクワークの方などには、ファスティングによる集中力のアップが期待できるためおすすめです。しかし、カラダを使う職業の方の場合、ファスティング中「省エネモード」になるため普段よりも力が出ない可能性があります。仕事と並行してファスティングを実施する際は、担当マイスターの指導のもと、無理のない範囲で挑戦してください。

ホーム > よくある質問