BLOG

ブログ

【今再注目!】スローフードってなんだ?

皆さん、こんにちは。
パーソナルファスティングサポートの
栄養調理師(管理栄養士)の
谷口直隆です。

皆さんは
「スローフード」って
聞いたことはありますか?

僕もなんとなーく知ってる
という感じだったのですが
今コロナウィルスが流行する中
僕はどういう食事が今必要なのか?

ということを考えていました。
そこで僕に刺さったのが
「スローフード」
でした。

この言葉自体は結構前から
聞きますよね。
でもどういったものなのかを
知っている方は案外少ない
のではないかと思います。

僕もあまり知らなかった様に(笑)

今回スローフードについて
調べてみたところ、僕は
まさに今の自粛ムードの世界に
必要なものだと思いました。

これは是非皆さんにも

知ってほしいと思い思いました。

というわけで今回のテーマは

『スローフード』です。

では見ていきましょう。

目次

そもそもスローフードって何?

まず大前提として
スローフードとは
食べ物ではありません。

簡単にいうと
『スローフード運動』のことです。

フードというぐらいなので
一見食べ物なのかと思いますが。

1989年にイタリアで
始まった運動です。
  
スローガンがあり

『おいしい、きれい、正しい』食べ物を
全ての人が享受できるように。

というものです。

現在160ヶ国以上に
支部があります。
もちろん日本にもあります。

「おいしい、きれい、ただしい」食べ物とは?

【おいしい】
わたしたちの味覚を満足させ、
地域文化の一部となっている。
新鮮で風味豊かな旬の食べ物。

【きれい】
地球資源、生態系、環境に
負荷をかけずに、また
人間の健康を損なわずに
生産、消費される事。

【ただしい】
生産者にとって、公正な
条件と報酬がある。
消費者にとって、手頃な
価格であること。

といった意味があります。
このスローガンって、
なんとなく誰かに対して
言ってる様な感じがしませんか?
当てつけ感があるというか(笑)

誰に対してか?それは・・・

スローフードの反対はファストフード

そうなんです。
このスローフード運動
というのはファストフードの
急激な台頭に対して生まれてきた
運動なのです。

ファストフードの台頭によって
食品の生産者や生産工程などは
見えなくなってしまいました。

その結果、
健康に害を及ぼす食品ができ、
環境に深刻なダメージを与え続け
生態系や地球環境は
危機的な状況になってしまいました。

何より問題なのは、それが
見えない世界になってしまった
ということでしょう。

スローフード運動は
食べ物を単に商品として
みなす考え方を否定し、

地域の食文化や、伝統を
守っていきましょうと
いうもの。

スローフード運動の内容

様々な内容がありますが、
ここでは紹介しきれないので
大きな3つを紹介します。

興味を持たれた方は
一度ググってみて下さい。

味の箱舟

絶滅の危機にある歴史の深い種や、
生産方法をオンラインカタログに
リスト化して守っていく
プロジェクト。

現在、なんと約4000種類近くが
登録されている。

家族農業の救済

驚くかもしれませんが
全世界で営まれている農業のうち
約85%が家族経営だそうだ。

ということは企業は残りの
たった15%だということ。
圧倒的に家族経営が多いんですね。

ということは85%にものぼる
家族経営をいかに守っていくか
が大きな課題となってくる。

どの国でもいかに若者に
興味を持ってもらうかという
ことである。

ファストフードの流れに逆らう

スローフード運動にとって最も
大きな障壁となるのが
永遠のライバルと言ってよい
ファストフードである。

この点において世界は
大きな矛盾を抱えています。

国連食料農業機関(FAO)という
何となく聞いた事のある様な
国際機関があります。

このFAOはスローフード運動を
公然と支持しています。

しかし一方で、
殆どの国の政府は
工業的で広大な土地を奪う
多国籍企業にとって有利な
政策を進めています。

言ってる事と
やってることが違うよ!
って話です。
  
これには当然政治的な問題も
絡んでいるからでしょう。

特に発展途上国では
猛烈な勢いでファストフードが
根付いており、大きな抵抗が
生まれています。

最後に

UCHIKALA円陣

今回、ご紹介した内容は
スローフードの大まかな
内容だけです。

この他にも
様々な地球を守る活動を
しています。

興味を持たれた方は
一度協会のページを
覗いてみて下さい。
きっと新たな世界を見る目が
開ける事と思います。

今、コロナショックにより
15%の企業も大きなダメージを
受けています。
営業自粛や営業時間短縮など。

こういったファストフードが
右肩下がりになっている中、
スローフードの考え方というのは
とてもマッチしていると
僕は思います。

地域の繋がりや助け合いが
必要な時です。

例え大型スーパーがなくなった
としても、隣に農園があったら
どうでしょうか?

三密環境に行かずとも
新鮮で安全な食べ物が
手に入ります。

まさに今世界には
「おいしい、きれい、正しい」
食べ物が必要なのでは
ないでしょうか?

スローフードの考え方に
僕は一票です!!
一票どころか100万票です!!

それでは皆さん、
良い明日を!!

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 【今再注目!】スローフードってなんだ?