BLOG

ブログ

【管理栄養士からのお願い】この食材を食べて!(野菜編)

皆さんこんばんは。
パーソナルファスティングサポートUCHIKALAの
栄養調理師(管理栄養士)の
谷口直隆です。

今回は【管理栄養士からのお願い】
ということで、

オススメ食材をご紹介!
大きく分けて3つあります。

「野菜」「果物」「緑茶」
です。

もちろんそれだけ摂っていれば
良いという訳ではないのであしからず。
しっかりとこれらを取り入れていきましょう
という事です。

今回の内容は
身近なものですぐに実践可能
ということをテーマに僕が
選んだものです。

高価で日々の食生活に
取り入れれないような
ものは省いています。

今回から3回に渡り
「野菜編」「果物編」「緑茶編」
でお伝え致します。

それでは前置きはこの辺にして
「野菜編」早速、見ていきましょう。

目次

野菜で免疫力アップして老化防止

野菜や果物には
「ファイトケミカル」という
第7の栄養素と言われている
物質が含まれています。
 
簡単に言うと
「体の老化防止」を
してくれる物質です。 
 
野菜や果物をしっかりと
摂っている人は若々しい
人が多いのも納得ですね。

では具体的にどんな野菜を
摂ればよいか・・・

緑黄色野菜(夏野菜)

・ナス
・トマト
・きゅうり
・かぼちゃ
・トウモロコシ
・オクラ
・ズッキーニ 
    など
 
これから夏に向かって行きますが
夏野菜といえば緑黄色野菜の宝庫!
積極的に摂りましょう。
 
※注意点
夏野菜は体温を下げる効果があるので、
冬場に摂りすぎると体を冷やし過ぎてしまいます。
冬には体を温めてくれる冬野菜を摂りましょう。

鼻にツンとくる成分

・ニンニク
・ネギ 
   など
  
ニンニクやネギの鼻に
ツンとくる香りには、
殺菌作用、抗ウィルス作用があります。
  
まさに今ドンピシャで
世界中の人々に必要な成分ですね。

辛味成分

・大根
・小松菜
・キャベツ
・白菜
・ブロッコリー
・ワサビ
・ショウガ 
   など
  
辛味成分はガン予防にも良いとされており、
殺菌作用もあります。
  
生食の多い和食にワサビやショウガが
よく添えられるのにはこういった
理由もあり理に適っていますね。

香り成分

玉ねぎ、ニラ、ニンニク、らっきょう、春菊

これらの食材の香り成分には
食欲を増進させ、
疲労回復効果(老化防止効果)もあります。

特に玉ねぎは生で食べる事でより効果が上がります。
  
辛味成分や香り成分は
揮発性(蒸発しやすい)が高いので、
できるだけ時間を置かずに
すぐに食べるとより効果的です。
  
例)大根おろしやショウガはおろしたてで食べる
  玉ねぎはスライスしたてを水にさらさずに食べる
  (無理はしないでね 笑)

苦み成分

・ゴーヤ、
・菜の花、
・モロヘイヤ、
・ピーマン 
   など

ゴーヤにはなんと
免疫番長ナチュラルキラー細胞を
活性化させる作用があり、
ガン細胞の増殖を抑えてくれます。

他にも
血糖値の上昇を抑制
血圧の安定
血液サラサラ効果
コレステロールを下げる
  
など様々な体に嬉しい効果があります。

きのこ類

・特にマイタケ
  
きのこ類はタンパク質(肉や魚や大豆など)と
一緒に食べることで、より免疫力を上げてくれます。
  
免疫力が上がるという事は、
イコールガン予防にもなるという事です。
 
きのこの中でも特に
「マイタケ」は漢方薬にも
使われるほど免疫力を上げてくれる
食材です。

まとめ

今後僕たちは未知のウィルスと
うまく共存していかねばなりません。
 
いずれワクチンも開発され
風邪の一種となるでしょう。
しかし、
ウィルスというのはいずれ
また強力に進化し姿を変え僕たちに
襲いかかってきます。

  
なのでいつの時代も、
どんなウィルスにも
共通する予防法は
  
「免疫力を上げる」
 
これに尽きると思います。
  
僕たち一人ひとりが
日々の食事で
防御力を上げていきましょう。
  
今、世界中で求められる食事は
「食欲を満たす為だけの食事」ではなく
「身を守り命を繋ぐ為の食事」です。
  
今一度、
私たちは

【何の為に食べるのか?】

ということを問い直す時だと思います。
  
それでは皆さん、
良い明日を!!

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 【管理栄養士からのお願い】この食材を食べて!(野菜編)