BLOG

ブログ

【警告】コロナ、特に男性喫煙者は重症化しやすいんだって!

皆さんこんばんは。
パーソナルファスティングサポートUCHIKALAの
栄養調理師(管理栄養士)の谷口直隆です。

今回は食べ物でもファスティングでもない事
について書こうと思います。
理由は、今一番知っておかなければいけない
だからです。

先日なかなかショッキングなデータを目にしました。

なんとコロナウィルスによる死者は
男性の方が圧倒的に多いそうです。

僕はこれを聞いてドキッとしました。
なので自分なりに少し調べてみました。

現在感染者数世界第2位のイタリアでは
コロナによる死者の約7割を男性
占めているそうです。

目次

重症化するのは主に男性

感染者数は男女ほぼ同じにも関わらず、
致死率は男性は女性の約2倍です。

重症化して病院に運ばれてくる患者には
明らかな男女差があるそうです。

何と悲しい現実でしょうか。
男性は女性より体が強い生き物なのに。

では何故男性は重症化しやすいのでしょうか?

見ていきましょう。

男性が重症化しやすい理由

喫煙率が関係している

男性の方が喫煙者が多く、慢性的な
基礎疾患を持っている人が多い事が
挙げられます。

世界の喫煙者の1/3を占める中国においては、
男性の半分が喫煙者。
女性の喫煙者は2%程にすぎないそうです。
  
つまり喫煙者はコロナに感染する以前に
既に肺が弱っているという事。

そりゃあ男性喫煙者が
重症化するのも納得ですね。

男性は女性より1本染色体が少ない

免疫に関するX染色体というやつが
男性は女性より1本少ないそうです。
この1本が男女の免疫力の差を
産んでいるそうです。
 
なので女性は免疫力が男性よりも
強いという事です。
だから女性の方が長生きなのか!
色々繋がってきました。

男性は女性ホルモン(エストロゲン)が少ない

マウス実験によると、
女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を
少なくしたマウスは死にやすかったそうです。
  
これはエストロゲンにはウィルスから
身を守る効果があるという事です。

つまり男性はエストロゲンが少ない為
女性よりも重症化しやすいという事ですね。

まとめ

このようなデータが出ている以上は
喫煙者の中でも特に
男性喫煙者は予防を
徹底的にすべきでしょう。

仮に禁煙もしくは減らす事が
出来ないのであれば
せめて免疫力をしっかりと上げる努力を
することです。
 
少しきつい言い方かもしれませんが
喫煙者は自らコロナに感染しに行っている
ようなもんです。

ウィルスに対して
「今俺狙ったら簡単に殺せるよー」
と言っているようなもんです。
 
自殺行為に等しいのではないでしょうか。
  

私事ですが、
先日亡くなった僕の祖父も
喫煙が原因で肺を患っていた為、
晩年はまともに呼吸する事すら
難しくなっていました。
 
常に酸素ボンベがなくては生活できない
体になってしまい
体を起こすだけで息切れを起こすような
肺になっていました。
  
そしてしょっちゅう呼吸困難になり
何度も入退院を繰り返しました。
  
まともに呼吸ができないまま
生きるというのはきっと
生き地獄だったと思います。
  
一度想像してみてください。
まともに息が吸えない状態で
あなたはいつまで耐えられますか?
  
僕はそんな祖父を目の当たりに
した事で喫煙のリスクを本当に
痛感しました。

コロナは必要悪か⁉

コロナウィルスは僕たち人間に
色々な事を気付かせてくれます。
今まで気にしなかった事や
やり過ごしてきた事。
  
不謹慎ですが
コロナウィルスは僕たち人間にとって
「必要悪」
だったのではないかとも感じています。
  
人間の欲望が生み出した環境破壊や
行き過ぎたテクノロジーの進化・・・
  
地球から人間への
「いい加減気づけ!取り返しのつかない事になるぞ」
という警笛な気がしてなりません。
  
コロナから何を学び、
どう未来に繋げていくのか
 
これが僕たち一人一人のすべき事であり
誰もが出来る事ではないでしょうか。
  
それでは皆さん、
良い明日を!

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 【警告】コロナ、特に男性喫煙者は重症化しやすいんだって!